1114 若い苦労

最高ランク A5等級 霜降り 国産 黒毛和牛 肩ロース スライス900g 900g メガ盛り【クラシタ】【ハネシタ】【ザブトン】【しゃぶしゃぶ】【すき焼き】【D】 - 焼肉 ホルモン 塊肉 精肉店 志和勢
最高ランク A5等級 霜降り 国産 黒毛和牛 肩ロース スライス900g 900g メガ盛り【クラシタ】【ハネシタ】【ザブトン】【しゃぶしゃぶ】【すき焼き】【D】 - 焼肉 ホルモン 塊肉 精肉店 志和勢 若い時に少しでも遊びたい、という気持ちは理解出来るが、結果として、それは後々つけがまわって来る事になる。 私の知人にも晩婚で、30代後半で子供が出来た人を何人も知っている。 定年時、子供がまだ大学生、定年で時間が出来、楽しい老後をと思いきや、それどころではない。 やむなく働きに出るが給与はがっくり、今まで自分が顎で使っていた、子供みたいな若造に今度はしごかれ、心身共に疲れ果てる。 帰りに、飲み屋で気を紛らせる、ストレスで体調まで崩してしまう。 そのような人を何人も見てきた。 結果的に、結婚が若ければ若い程、早ければ早いほど、定年後は、時間がたっぷりあるので、そこで夫婦で、旅行したり、場合によっては共通の趣味を育てたりと、本当の至福の時間が出来る。 若い時に苦労すれば、年をとってから楽出来る。 若い時に、楽をして遊んでいると、今度は老後に、苦労が待ち構えている。 だけど、まだまだ大丈夫だ。めそめそしないで、新しい恋人を本気で、積極的に探したほうがいい・・ 南の小さな島は誰も、周りにいない。心を打ち明けたとしても、他人に聞かれるはずがない。 二人とも、心の内をさらけ出し、明るくなった。 しかし、本当に、胸がつぶれる思いで心配をし、夜も寝ないで、心を痛めているのは、親御さんだろう。 分からないはず、と思っても感じるのが親だ。 今ごろ自殺でもしているのではないかと、心配で心配で寝られない日だろう。 元気な声を親に聞かせてあげるんだぞ、と言うと、二人とも、にっこりうなずいた。 ところで、夕べ民宿で遅くまで酒を飲んでいたが、年齢30歳前後と思われる、好青年が連泊。 恋人募集中だと言ってたから、今日にでも可能性はあるぞ。 帰って夕食がすんだら、民宿の庭で、今夜も大勢で酒を飲むだろうから、さっそくアタックしてみろ。 二人はもう元気そのもの。 がんばるぞ! がんばるぞ! と、シュプレヒコールだ。 いつの間にか夕日は、若い二人の失恋という2文字、漆黒の海の底へいざなっていった。 夕日よ、今夜もありがとう・・・・ 島移住、失敗男の物語。 定年島移住した、吉田氏(仮名)が、深刻な顔で相談に来た。 移住した時、世話をしてくれた人が、いつの間にか疎遠になり、その次に親しくしていた人も、付き合ってくれなくなった。 とうとう3番目に親しくしていた人に、酒を飲んでいる時、怒鳴りつけられたという。 本土では、男同士が親しくなると、肌を触れあったり、肩をたたいたりするのは、ごく当たり前だ。 しかし島人達は、男が男に触れる事、べたべたしたり、肩をたたいたりする事は、一番嫌悪感を感じるのだ。 俺は、オカマじゃないんだ!、べたべたするんじゃない!、という、男っ気が異常に強いのだ。 吉田氏は、島の気質を知らずに、親しくすればする程、こまめに、べたべた、肩をたたいたりしたようだ。 島人にとって、肩をたたかれようものなら、とんでもない事で、往復ビンタを喰わされたような、嫌悪感を覚えるのだ。 吉田氏もそれに気付き、なんとか関係を修復したいとの事だが、一度壊れてしまった、男同士の関係は、そう簡単に修復出来ない。 その悩みの相談であった。 たぶん、男っ気の強い島の人達との関係修復は、かなり時間を要するだろう。 深く反省し、時間をかけて、解決しよう、と諭した。 島暮らしや田舎暮らし、ペットの問題や、周りとの付き合い方、その土地土地の習慣などは、注意が必要だ。 よく見ると、若い人達は、意外と、べたべたしているが、中年以上の人達は、べたべたする事を異常に嫌うのだ。 注意しよう。
亜熱帯石垣島はワイキキ気分 石垣島地区は沖縄本島から450キロ南。 東京盛岡間、気候が違います。 日本で一番赤道に近く最南端波照間島あり。 真冬でも海が楽しめる。 成田、関空から格安ピーチ石垣直行便あり。 往復2万前後。 テレワーク、花粉対策 老後の避寒。  別荘生活、バカンス 超癒し島々。 石垣島南12キロ黒島は周囲12キロ、人口220人。 絶好のダイビングポイント有り。 下記問い合わせ下さい。 https://fushima.net/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント